建設機械トップ

お客様サポート

優遇税制に関して

image_specialTax

クボタ建設機械をご購入で以下の優遇税制を受けられる場合がございます。 詳細はPDF(クボタ建設機械購入に関する優遇税制のご紹介)をダウンロードの上、ご確認をお願いします。 申請に関するフローも紹介させて頂いております。

01 中小企業経営強化税制

対象機種を購入することで即時償却、もしくは税額控除を受けられます(一定の条件を満たす必要有)。

※資本金の額により控除金額が変わります。

資本金3000万円超え1億円以下:物件価格の7%控除

資本金3000万円以下:物件価格の10%控除

対象事業者

青色申告をしている中小企業者等 (資本金1億円以下の法人、または常時使用する従業員が1000人以下の個人事業主・法人)

※中古資産・貸付資産(レンタルを目的)は対象外。

※ファイナンスリース取引のうち所有者移転権リース取引により賃借人が取得したとされる資産に対しては対象。

所有者移転外リース取引により貸借人が取得したものとされる資産については、税控除の規定のみの適用。

※機械を取得後に計画申請する場合、60日以内に窓口に受理される必要があります。

対象機種

クボタ建設機械の中では以下が対象機種となります。また購入価格が160万円以上であることも条件となります。

後方小旋回機 U-17 U30-6 U35-6 U40-6 U55-6E
超小旋回機 RX-205 RX-306E RX-406E RX-506
標準機 KX-57-6E
ホイールローダ R430E R530E R630E

必要手続き

以下PDFファイルをご確認ください。

02 中小企業等経営強化法(固定資産税の特例)

対象機種を購入することで固定資産税が1/2に減税(一定の条件を満たす必要有)。

※期間:機械を取得した年の年末までに計画認定を受けた場合3年間。

※期間:計画認定が取得した年の年末までに間に合わなかった場合は、翌2年間減税しか減税されません。

※自治体によってはミニバックホーとホイールローダを固定資産以外に分類する所があります。その場合当制度は 適用不可となります。

※計画認定には計画認定の申請後、約1か月の審査期間を要しますのでご注意ください。

※計画認定前に機械を取得した場合は、機械取得後60日以内に計画申請を窓口に提出し、受理される必要があります。

対象事業者

青色申告・自己申告を問わず中小企業者等

(資本金1億円以下の法人、または常時使用する従業員が1000人以下の個人事業主・法人)

※貸付資産(レンタルを目的)も対象。

※中古資産は対象外。

※ファイナンス・リース取引のうち所有者権移転・所有者権移転外リースの固定資産に関しても対象。

対象機種

クボタ建設機械の中では以下が対象機種となります。また購入価格が160万円以上であることも条件となります。

後方小旋回機 U-17 U30-6 U35-6 U40-6 U55-6E
超小旋回機 RX-205 RX-306E RX-406E RX-506
標準機 KX-57-6E
ホイールローダ R430E R530E R630E

必要手続き

以下PDFファイルをご確認ください。

03 中小企業投資促進税制

機械の種類を問わず160万円以上の機械を購入すると、特別償却(30%償却)もしくは税額控除(資本金3000万円以下の場合のみ。 物件価格の7%の控除)を受けられます(一定の条件を満たす必要有)。

対象事業者

青色申告をしている中小企業者等

(資本金1億円以下の法人、または常時使用する従業員が1000人以下の個人事業主・法人)

※中古資産・貸付資産(レンタルを目的)は対象外

※ファイナンスリース取引のうち所有者移転権リース取引により賃借人が取得したとされる資産に対しては対象。 所有者移転外リース取引により貸借人が取得したものとされる資産については、税控除の規定のみの適用。

対象機種

対象機種に関しては、お気軽にお近くのクボタ販売店へお問い合わせください。購入価格は160万円以上である ことが条件です。

必要手続き

以下PDFファイルをご確認ください

ページトップへ