建設機械トップ

矢印

製品情報・ミニバックホー

矢印

RX-506

RX-205

新エンジンを核にさらにグレードアップ

オフロード法2014年基準適合

D782

特定特殊自動車の排出ガスを規制するため、「特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律」(オフロード法)が制定されました。新開発ダウンサイジング・ターボエンジンを搭載した本機は、オフロード法2014 年基準に適合しています。約 1世紀にもわたるエンジン 製造の経験と技術を持つクボタは、排ガス低減をハイレベルで実現しました。

ダウンサイジング・ターボエンジン

オートアイドル

新開発ダウンサイジング・ターボエンジンには DPF(Diesel Particulate Filter)とCRS(Common Rail System)を搭載。排ガス低減をハイレベルで実現するクリーンなエンジンを追求しました。従来比約10%(エコモード使用時には従来比 25%の燃費改善)の燃費向上の実現により、経済性の向上に大きく貢献するとともに、作業範囲は従来機と同等のパフォーマンスを発揮。掘削・吊り上げともにパワフルでスムーズな作業が行えます。

燃費を向上させるクボタの先進技術

エコモードによる燃費低減

ECOモード

手元スイッチのワンタッチ操作でエコモードに。クボタ独自の新油圧システム採用によりエンジン回転数を落としても、作業効率低下を抑えたスピーディな作業を実現しました。(軽〜中負荷作業内容に適しています。)新エンジン搭載による約10%の燃費低減に約15%上乗せしたトータル約25%※の燃費向上を実現します。

※ダウンサイジング・ターボエンジンによる約 10%の燃費低減+エコモード時 の約15%の燃費低減を加えた数値です。

オートアイドル機能

オートアイドルイメージ

操作レバーを中立に戻すと4秒後自動的にエンジンの回転数がアイドリング状態となり、再び操作レバーを動かすと、即座に元のエンジン回転数に戻る先進機能。
燃費が約10%節約出来るとともに、騒音が低減できるので市街地や夜間の作業も安心して行えます。

高い作業効率と操作性

全操作油圧パイロット方式

HMS油圧システム

走行、オフセット、ドーザ、サービスポートとすべてに油圧パイロット方式を採用。あらゆる動作がなめらかに行えるとともに、スムーズな操作性を実現します。

運転席干渉自動回避システム

運連席干渉自動回避システム

バケットが運転室に衝突しないよう、干渉領域に入る前に、ブームが止まることなく滑らかに運転室を回避。従来のようにブームが止まり、再作動時にはブームを干渉領域外まで戻す必要がなく、ノンストップで作業が続行できます。オペレータはストレスを感じることなく、作業効率もアップします。

アームかき込み制限

アームかき込み制限

アタッチメントに応じて、アームのかき込み位置を標準バケット・平爪・ブレーカの 3 モードに切り替え可能。 アームのかき込み量を自動制限し、ブレーカ装着の場合もブームシリンダの破損を防ぎます。

細やかな作業効率アップへの工夫

走行自動減速機能

前置きメータRX153

2速走行中負荷がかかれば自動的に1速にシフトダウンし走行力をアップする走行自動減速機能を標準装備。走行速度の手動の切り替えはドーザレバーのボタンで行うため、従来の2速ペダルは廃止しました。

  

前置きデジタルメータ

SSキー

大画面+シンプル表示で見やすいコンソール一体型デジタルメータを採用。機体前面配置なので作業中も最小限の視線移動で各種確認が可能。簡単操作で必要な情報を表示でき、機能ボタンを液晶の下に配置するなど高い操作性を発揮します。

スマートな整備性

ワンサイドメンテナンス&トリプルオープンボンネット

TOPSキャノピ

容易な整備性を追求して、機体後部が大きく開くトリプルオープンボンネットを採用。 とくにオルタネータをボンネットすぐ手前に配置したので、メンテナンス性は一層向上しました。

移動式クレーン仕様機

RX506クレーン仕様機

ワンサイドメンテナンス

法令で定める構造と安全装置の装備はもちろん、油圧の異常低下によるブーム・アーム降下防止装置を装備。クレーンモード時には、エンジン回転数が自動的に吊り作業に適した回転数になります。過負荷時には、警告内容を液晶モニタに日本語で表示。ブザーと警告ランプでも同時に警報するのですばやく対処できます。安全性を高める「クレーン + 走行」モードを採用。「クレーン + 走行」ボタンを押すと、走行吊り時定格荷重に切替るとともに、走行が一速に固定され、より安全に荷を吊ったまま走行できます。

ページトップへ